タイで仕事を探す外国人にとって稼げる12の職業

今こそ外国人のためにタイの労働市場について詳細を掲載する時だと考えました。
ここ数年、20~30代でタイへ移住してくる人たちがかなり増え、退職者が独りで過ごす場所という固定概念は消え、あえてここに住みたいという若者が増えているのです。
この7年間で私は様々な人と出会いました。宝くじが当たったラッキーな人(働く必要がない人)から、スーツをebayで売る人、教師、講師、インターネットマーケッター、レストランのオーナー、NGO職員など、様々です。
真実は:本当にタイで働きたいのなら、働くことができるのです。

タイの外国人のための潜在的な仕事

1. タイで教える
明らかなところから始めましょう。タイでは教員の求人が常にあります。財産を築くことはできませんが、十分な給料を手にすることができるでしょう。
国立の場合は月30,000~35,000バーツで、私立の場合は45,000~80,000バーツの間となり、経験で変わってきます。
また家庭教師の副業や週末のみの語学学校でさらにお金を稼ぐことができるということも覚えておきましょう。語学学校はフルタイムで働く交渉をする価値があります。人員の入れ替わりは規則的なので、CV(学歴と職歴の要約)を渡しておくのは将来の採用に向けてはいいアイディアかもしれません。
語学学校はまた、より教育の助けになる環境を提供する傾向にあります。公立の学校で教えている教師は教える内容に制限があり、学校のカリキュラムに影響を与えたり意思決定する能力を求められ、子供が向上させるには難しいと言うでしょう。
教えるにはTEFL認定証が必要です。

2. 不動産の仕事
コンド市場のブームにより、不動産業界は新規開業が増えています。CBRE,Absoluteのような会社は開発やタイムシェアを売るために多くの外国人を雇っています。
仕事は、サムイ島やプーケットでバイクに乗り購入者を見つけることから、ビジネスの発展や運営管理のポジションまで様々です。

3. ダイビングインストラクターとして働く
もしPADIの認定証があれば、タオ島、ピピ島、クラビなどの人気のダイビングスポットでダイビングインストラクターになるという選択肢もあります。
インストラクターは月に30,000~40,000バーツ稼ぐことができます。また、レッスンや研修を経て、インストラクターになることもできます。

4. フリーランスのライターになる
もし言葉が器用なら、クラウドワークスのようなサイトでフリーランスのライターとしてお金を稼ぐことができます。また評判が良くなれば、タイで教師になるよりも多くの収入を得ることができます。
仕事自体の時給は10ドルほどで、月に1,600ドルほど稼ぐことができるでしょう。
もし旅行に出回っていて現金が必要なら、あなたの経験を書いて報酬を得ましょう。もちろん、雑誌の記事のような熟達した技術が必要で、あなたの名前が知れ渡るような仕事をしなければなりません。
もしあなたに十分才能があるなら、旅行サイト、機内誌、タイの新聞などのライティングの仕事に就けるでしょう。そしてキャリア形成にも役立つに違いありません。

5. Fiver.comでギグを売る
Fiverの売り手がいくら稼いでいるを知ればとても驚くでしょう。人気のカバンは1日で100ドルを簡単に超えるのです。
もちろん、手数料としてFiverに1ドル払わなければなりませんが、あなたのギグがたった30分で売れ、1つの仕事で100ドル以上稼げるアップセルパッケージを持っていたとしたら、短時間にいい金額を得ることができます。
これはあなたがいつどこにいてもできる仕事です。

6. 多国籍企業で働く
人々はタイで営業している多くの多国籍企業について忘れています。もしあなたに実質的な管理職の経験があれば、CVをまとめていくつかの企業に送ってみましょう。また、最終段階に入る前に本拠地について調査することも可能です。
Linkedinにアクセスし、タイにオフィスのある企業を探し、HR部門に求人がないか確認してみましょう。ひょっとしたら現在働いていた企業の支社がタイにあり、転勤を交渉することができるかも知れません。

7. 大使館や国連の仕事を得る
時々外国の大使館や国連の求人があることがあります。これらは細かい条件があり、応募の手順も面倒です。
求人がないか、これらのwebサイトを定期的にチェックしましょう。この求人の側面として、法律では対外的に求人を出さなければいけないにもかかわらず、昇進の一部として内部で完結することが多いということです。

8. 国際開発ワーカーになる
もし社会/援助発展に関する認定があれば、NGOやGO、その他の援助プロジェクトに応募することができるでしょう。これらのポジションは期ごとに募集がかかり、ポジションが更新されるまで1~2年を任期としています。

9. 映画のエキストラの仕事
映画のエキストラの仕事は移住者の公立学校の教師と同じくらい稼ぐことができ、モデルやカメオ出演になると月100,000バーツも夢ではありません。
ただし、仕事は安定しないのがこの仕事の側面です。多くのオーディションに行っても結果が出ないこともあり、多くの待ち時間があります。
エキストラの仕事は日給1,500バーツからスタートします。カメオ出演の場合は5,000~20,000バーツの間で、モデルの仕事は仕事によって5,000~150,000バーツになります。

10. バー、レストラン、ホテルの経営
タイの中でもサムイ、プーケット、タイのダウンタウンなどで外国人が経営するバーやレストランを多く目にすると思います。これらの仕事は友達や家族から経営譲渡されるケースが多いですが、仕事の経験があれば直接連絡をしてみるのもいいでしょう。
同様にホテル管理の経験があるのなら、バンコクの高級ホテルに連絡してみましょう。大きいホテルチェーンの高水準の管理のポジションには、外国人を採用しているところが多いです。

11. タイに本拠地を置く企業家になる
タイは急成長していて、その結果、企業のチャンスがたくさんあります。あなたが信頼されていて特定のニッチなマーケットを運営しているのなら、輸出業やマーケティングコンサルタントまで様々仕事があり、誰かの下で働くよりも企業した方がいいでしょう。
タイで起業するメリットはビジネスを軌道に乗せるまで生活費を安く抑えられるということです。これは財政破綻を和らげ、自信をつける時間を与えてくれます。

12. キャリアリンクタイランドの求人情報をチェックする
定期的に様々な種類の仕事がアップされ、履歴書を提出することができます。また詳細まで見る必要がないのです。キャリアリンクタイランドには求人情報ページがあり、タイでの新しい仕事が毎日更新されています。

最後に
ご覧のように、タイにはたくさん仕事のチャンスがあり、「仕事は教職だけ」という共通の認識が正しくないことがおわかりいただけたと思います。
事実、あなたが教育に情熱がありタイの教育システムに貢献したいというわけではない限り、本当に興味のあることを探したほうがいいと思います。そうでなければ、あなたの生活は母国の頃と同じようになってしまうでしょう。退屈な、何の変哲も無い9時から5時になってしまいます。
タイでの生活を送ることに真剣なら、そうすることは可能で、十分な給料も得られるでしょう。
タイには何千もの移住者が生活しています。彼らが何をしているかという情報は不足していますが、それは多くの人がその情報をオンラインに書く暇がないのからです。しかし、彼らが上記のカテゴリーのどこかに属していることは確実でしょう。
この情報がタイでの就職活動に役立つことを願っています。もしすでにタイで働いているのなら、コメントに仕事の詳細とどのように仕事を手に入れたかを記載していただけると、このページを「タイでの仕事」という移住者向けのリソースにすることができます。
注意:許可証なしで働くことは違法なので、この記事「外部リンク:タイ外国人就労法(総論)」を読み法律を理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です