タイで働く方法

最近まで、タイの温かな文化によってタイで働くということはそこまで難しいことではありませんでした。
しかし、政治の不安定さによってタイの経済は変わりました。不確実さは国家平和秩序評議会によって民間政府の追放を伴いました。回復の兆しは見えているものの、深い影響を受けている産業もあり、投資家は投資を躊躇しています。

タイの仕事市場
多くの仕事の機会をバンコクで見つけることができる一方で、多くの移住者は田舎や絵のような南の島で働くことを選びます。彼らは美しい自然の中で生活し、リラックスしたライフスタイルを楽しんでいるのです。
観光で集まった収入は別として、タイの経済は輸出に頼っています。米、砂糖、ゴムやエビなどの農業生産物を輸出する国としては世界でも大きな国の1つで、車や織物、電気製品などの主要な生産国でもあります。
サービス業がタイのGDPの4分の1を占める一方で、製造業、物流、コミュニケーション産業にも強みがあります。
成長レベルは最高でも中間くらいだと思われていましたが、少なくとも政治の緊張状態が明らかになるまでは東南アジアで2番目に大きい経済圏でした。またマレーシア、シンガポール、インドネシアなどで構成される東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でも主要な国となっています。
他のポジティブな点は、NCPOが国に民主制度を取り戻す計画があるということです。これは回復の手助けとなり数年先までの国の安定性をもたらす可能性があります。
自動車産業も最近成長を経験し、グローバル化した経済に対応するため、サービス部門における英語が話せる人の需要は高くなっています。
タイで働く移住者の大半はサービス部門に従事しており、特に観光業と教職が多いです。
タイで英語を教えることは移住者の仕事として最も一般的です。この職業は進めるのが簡単で、給与は地域と比較しても高い水準にあります。

タイで仕事を探す
適性のある移住者は仕事をオンラインで探すことができますが、多くの人々はまず入国してから講義を受けて仕事を探します。教職で給与が最も良いものはインターナショナルスクールの先生ですが、英語の語学学校も人気のある選択肢です。
移住者のうち、海外で雇われた人の給与は、入国後に仕事を見つけた人よりも高い傾向にあります。
観光業は外国人に人気のある仕事の1つで、特にバンコク以外に住んでいる移住者に人気があります。ダイビングの資格は様々あり、ダイビングショップの店主や船の上で暮らし、観光客にアクティビティを提供する移住者の生活は人気があります。
観光業と教職だけが移住者に与えられた選択肢というわけではありません。タイの製品を英語で販売促進している移住者もいます。仕事がネットワークを通じて得られることから、この選択はユニークなものであると言えます。そして移住者は話者としての評判を得るために働かなければなりません。
タイの企業が会計、エンジニアや法律のプロのタイ人を雇いたい一方で、多国籍企業は特殊スキルを持った移住者を必要としています。タイで合法的に働くには労働許可証が必要で、雇用元の企業が手配してくれるはずです。
シーメンス、IBM、ヒューレットパッカード、プライスウォーターハウスクーパースやその他ガスやオイル部門でバンコクに拠点を持つ様々な国際企業があります。
ネットワークやオンラインを通して求職するだけではなく、タイの英字新聞で求人をチェックするという方法もあります。

タイの働く文化
タイで働きたい移住者は母国の通貨か米ドルで給与をもらうことができないか交渉してみましょう。
移民労働者の一般的な稼働日と営業日は産業ごとに法で定められています。観光業は特にイレギュラーな労働体系となります。
タイの営業日は月曜日から土曜日ですが、多くの企業は金曜日までか、土曜日の午前のみとなっています。労働者は最長で1週間に48時間働くことができます。
移住者がタイへ貯金のために移住することはまずないでしょう。一般的に豊富な自然に興味を持つことは、外国人がタイで普通に生活することが困難であるというわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です