タイで働く

タイで働くということは、東南アジアの最もダイナミックな経済に参加するということです。経済危機から復活し、タイは移住者に多くのチャンスを与えています。インターネイションズはタイで働くこと、労働許可証、ビジネスエチケットなどについて紹介します。

過渡期にある経済
タイの外国人労働者は東南アジアの最もダイナミックな経済に参加しています。残念ながら、2009年にタイは過去数年で初めてのマイナス成長を経験しました。世界的な危機がすべての産業の3400万人の労働者に影響を与えました。しかし、2010年の成長率はなんと7.6%と隣、タイで働くすべての人々の努力が実った形になりました。
2011年の経済成長の間に、タイ南部の洪水により多くの住民の生活が崩壊しました。2011年10月、大雨と高水位によりいくつかの産業が破壊され、地域の製造業に打撃を与えました。翌年経済は回復しましたが、2012年の後は再び減退しています。2015年になり、やっと回復の兆しが見えてきました。
現在、タイの労働力の32%が農業部門で働いています。しかし、彼らの貢献は国内総生産のわずか11.6%にしかなりません。現役世代の約半分はサービス業に従事しており、GDPの半分以上(56%)を生み出しています。
移住者はタイの産業部門で専門的なポジションを埋めるために必要とされています。しかし、特定のサービス業のプロフェッショナルな経験でがあれば、働く上で最高の資格を持っていると言えます。

バンコク
タイ郊外とバンコクやパタヤなどの主要な都市との間では、経済発展に大きな差があります。田舎で働く人のほとんどが米、カッサバ・ルーツ、とうもろこし、サトウキビ、大豆、ココナッツなどの農作物を時給農業や国際市場のために生産しています。
しかし、タイの製造業やバンコクの中心業務地区ははるかに有利です。多くの移住者はバンコクのkhetや中心業務地区(CBD)でサービス業に従事しています。
後者はタイ証券取引所のホームでもあります。東南アジアのマーケット全体にとって非常に重要です。バンコクCBDは国際銀行(バークレイズ、クレディ・スイス、ドイツ銀行、HSBC)の支店や観光業や交通産業(特に航空会社)の多くの企業があります。

東部海岸地域
パタヤやの近くの東部海岸地域とバンコク中心部の南部と西部はタイの輸出向け生産工場の密集地域となっています。そこでは中国、日本、アメリカへ輸出するための織物、車の部品、ゴム加工品、プラスチック、電化製品やパソコンの部品を製造しています。(事実、2011年の洪水で世界的にハードディスクドライブ不足となり、それは2012年まで続きました。)産業の専門知識を持つ移民労働者はその部門から会社の任務に送られるかもしれません。

労働規制
将来移住者としてタイで働くことに興味があるのなら、外国人の労働に対する規制について知っておくべきでしょう。外国人事業法によると、外国人はタイの建設部門、小売業、事務員など多くの分野での労働が規制されています。
そこで、タイで働くにあたってベストなのは、以下の分野で資格や経験などを持っているということです:ICT、石油化学品産業、医療技術、製造業、エンジニア、財政や貿易などです。ホスピタリティー産業は、英語が流暢でタイの何らかの知識があれば有利な部門になります。

タイの労働ビザ
また働き始める前に雇用契約書にサインをし、Bビザと労働許可証を確実に取得するようにしましょう。タイに住み合法的に働くには、基本的な要件を満たしていなければなりません。(タイの労働ビザについて詳しく知りたい方は「外部リンク:タイの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類」をご覧ください。)
中には観光ビザで入国しオーバーステイしてタイの夜の街や赤線地区(違法です!)で働く外国人もいます。これによってタイ当局はこのような問題に関して寛大であるとは知られていないのです。もしタイで働くつもりなら、それを覚えておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です