タイの新たな労働法は何千もの移民労働者を逃すことになるでしょう

何万もの労働者がタイから隣国ミャンマーへ逃れたと出入国管理局は月曜日に発表しました。これは軍事政権によって採択された新たな規制が移民コミュニティーに恐怖とパニックを与えた後のことでした。
カンボジアやミャンマーなど近隣の貧しい国から来た何百万もの労働者は、数十億の水産業などにおいてタイの手作業の労働力の中心となっています。
2014年のクーデター以来、軍事政権で支配されているタイは、様々な政策によって外国人労働力の規制に成功し、規制されていない労働者は雇用主による搾取に直面しているということを一部メディアが報じました。
約60,000人の労働者が6月23~28日の間に出国し、その数はどんどん上昇していると移民局は言っています。
「様々な国の人がいますが、最大のグループはミャンマー出身です。」とPornchai Kuntee副長官はロイターに話しました。「彼らはおそらくとても怖かったのでしょう。」
出国のニュースに続き、金曜日にタイは法令の施行が120日遅らせるということを約束しました。これは労働許可証のない未登録の外国人を採用した雇用主に対して最大23,557ドルの罰金を科すということも含まれています。
バンコクで働く28歳のミャンマー人Geta Deviは、その法令によって何人かの友人がパニックになり、「彼らはミャンマーに帰りました。」と言いました。
ミャンマー当局に手渡すために、タイ政府のトラックは労働者をミャワディというヤンゴンから東へ246km、タイのメーソートの反対側にあるミャンマーの町へ送っているとミャンマー当局は言いました。
彼らが自分たちの意思でタイを離れているかどうかはわかっていません。
6月29日以降、16,000人以上が母国へ戻ったと、ミャンマーとのやりとりを担当している労働省の官僚であるAung Htay Winはロイターに話しました。
この数字には取り締まりを恐れた違法就労や未登録の移民や雇用主から命令されたものも含んでいると彼は言いました。
「多くの人が一晩ほど滞在し、母国へ向かっています。」と彼は言い、さらに、労働者は一時的に政府の建物に収容されていると付け加えました。
先週から最大で500人のカンボジア人移民労働者が母国へ戻ったとカンボジア軍のタイカンボジア国境関係事務所のChin Piseth副所長は言いました。
「私が受けた報告によると、400から500人が出国したそうです。」と彼はロイターに話しました。
この大きな動きは不法就労者を弱らせていると、タイの移民事情を10年以上観察している移民労働者の権利の専門家アンディー・ホールは言いました。
「何万もの移民は扇動後だからこのように移動しているというのは明らかです。」とホール氏はロイターに話しました。
罰則の恐れがあるにもかかわらず、「公務員」は賄賂を受け取ろうとしていると彼は言います。「パニックや動揺から、短期間に多くの利益が作られました。」と彼は加えました。雇用主や移民労働者から金をゆすり取ろうとした警察は罰せられるでしょうとタイ警察署長のChaktip Chaijindaは金曜日に警告しました。
先月、アメリカはタイを人身売買要注意リストに載せたままにし、人身売買を根絶させるための最低限の基準に達しなかったと報告しました。タイは人身売買終結の努力を強調し、アメリカ当局にタイへ訪れ評価するように促しました。
国際移住機関はタイには300万人以上の移民労働者がいるとしていますが、権利団体はその数はもっと多いとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です