ディカプリオの映画で使われたビーチが閉鎖へ

日々の観光客の大群は、レオナルド・ディカプリオの映画によって有名になったビーチをヘトヘトにさせています。アンダマン海のピピレイ島にあるマヤベイは、破壊されたサンゴ礁や海の生き物を治すために毎年6月から4ヶ月間観光者に対して閉鎖されます。この決定はタイ国立公園・野生動物保全局によって水曜日になされました。
「まるで数十年休みなく働いてきたようです。」と著名な海洋学者でタイ環境発展戦略委員会のメンバーであるThon氏は言いました。「働きすぎて疲れ、すべての美しいビーチがなくなってしまいました。ビーチのためにタイムアウトが必要なのです。」多くの海洋国立公園が5月中旬から10月中旬にかけて閉鎖しますが、1999年にアレックス・ボーガンの小説をもとにした暗いバックパッカーの物語である「ザ・ビーチ」の撮影のためにハリウッドのスタッフが’マヤベイに足を踏み入れて以来、観光客のために年中開放されていました。
ビーチには1日200の船と4,000人の観光客が訪れています。海洋生物学者によって行われた最近の調査では、周辺地域のサンゴ礁がなくなり、生き物も消えてしまったことがわかりました。他の東南アジアのリゾートビーチも同じような脅威にさらされています。
フィリピンでは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領がボラカイ島を閉鎖することを誓約しました。ボラカイ島は白い砂浜のビーチとナイトライフで有名な場所ですが、今では「汚水だめ」と言われています。
「彼らの排泄物は海に直で行ってしまいます。細菌の量はとても多くなっています。」とドゥテルテ大統領は先週発言しました。「綺麗に見えるのは、白い海岸線のおかげです。」
環境当局はボラカイ島は30日の通知が出された後の4月の最終週に閉鎖されるかもしれないと言いました。またこの南の島は政府が緊急資金を拡大させるほど村人や企業に打撃を与えているという悲惨な状態下にあるとしました。
6ヶ月以下の閉鎖期間中、大規模な清掃が計画されており、従わないビーチリゾートやその他の機関は更なる汚染を阻止するために廃棄物処理や廃棄システムを導入しなければなりません。
ボラカイ島には昨年、主にアジア、アメリカ、ヨーロッパから100万人以上の観光客が来ました。
ボラカイ島当局は長い間破られている環境法や島のキャパを超える観光客流入の規制に失敗したため、行政事件に取り組むかもしれません。Thon氏は、タイのビーチの一時的な閉鎖はリハビリの手順を開始することになると言いました。
「もし、私たちの島を救うには遅すぎるのではないかと聞かれれば、答えはノーです。しかし、今日何もしなければ、手遅れになるでしょう。」とタイ国立公園・野生動物保全局長のThanya氏は話します。
マヤベイが再オープンするときは、当局は1日の観光客を2,000人に制限し、ボートの停泊は禁止し、島の反対側にある浮桟橋にドッキングさせなければならなくなります。
ビーチに多くの観光客がいることは不快で、一時的な閉鎖は何よりも良い手段であるとThon氏は言いました。「地元の人々はそれを知っていて、私たちもわかっているのです。」
「これは観光客の行き先を管理し始めるにあたって良い手段です。そして最初の年に学んだことを改善できます。私たちの資源を管理することがどれほど重要か、私たちはわかっています。これは観光客の数ではなく、地元の人々にとって有益になる持続可能な観光でもあるのです。」と彼は言いました。
昨年タイを訪れた外国人は3,500万人を超えました。「ザ・ビーチ」が公開された2000年は1,000万人だったのです。タイ当局はこれまでに大規模な観光によって島を閉鎖したことがあります。ピピ諸島のヨーン島、シミラン島国立公園にあるKoh Tachaiは2016年中期以来、観光客の制限が一切なくなりました。
最近両島を調査したThon氏は、結果に驚いたそうです。海の生物にとって荒れた環境でサンゴ白化現象が起きていた地域が今や力強く、カラフルな海の生物やサンゴが復活していたと彼は言いました。マヤベイにとっても毎年の閉鎖は効果があると、彼は確信しています。「いつか島を前の状態にしたいと夢見ていました。私はマヤベイで30年以上働いています。ここが天国だった時代を知っているし、何もなくなってしまった今も知っています。このパラダイスを前のように美しい場所にするというのは、海洋生物学者の夢なのです。」と彼は言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です