国連の専門家がタイにリーダーシップを見せるよう促す

国連の専門家はタイにビジネスと人権においてリーダシップを発揮するよう促します。

国連の専門家チームは人権の尊重の改善と効果的な治療へのアクセスを強めるためにタイ王国政府とビジネスが取るべきステップの中間報告を行いました。
「私たちは政府がビジネスと人権において地域のリーダーとなるという明確な野望を受け入れ、この目標に向けて重大なステップを踏み出すよう奨励します。」と10日間の滞在を終えたワーキンググループのDnate Pesce副議長は話しました。
専門家らは、漁業における労働力の売買と強制労働の報告がどのように政府を立ち上がらせたかを説明しました。その結果、虐待的なビジネス慣習を根絶することに向けての協定ができたのです。専門家らは政府に対し、農業、エネルギー、製造業、建設業などにおいても同じような活動をするよう要求しました。
「政府と企業は国連のビジネスと人権に関する指導原則に従って、タイの企業や他国の投資によって操業されている大きなプロジェクトの人権侵害の実態を確認し、それを減らすために方針とメカニズムを改良する必要があります。」とワーキンググループのメンバーで今回の訪問団の1人であるSurya Deve氏は言いました。
滞在中、専門家らは政府当局、ビジネスセクター、現在人権侵害のリスクがある移民労働者などの団体の代表を含む幅広い市民社会団体、人権保護団体、地域活動家、障害者や性労働者などと話をしました。
「タイにおいて重要な挑戦となるのは、脅威人権保護団体、ビジネスに関連する人権侵害に反対する連合のリーダーとコミュニティーの代表に対する繰り返される攻撃、ハラスメント、脅威を終わらせることです。」と専門家は言います。
「虐待の被害者を支持する人たちを沈黙させるために会社によって起こされる訴訟から人権保護団体を含む市民の居場所を守るためにさらなる行動が必要です。」と彼らは付け加えました。
専門家らは残された課題を話し合うためのタイのオープンさを歓迎し、ビジネスと人権に関する国別鼓動計画に沿ってこの先どのようになるかを見ていくとしました。
「私たちは政府に対して、重要な声を含む興味のある党を含む包括的かつ明白なプロセスを通してこの計画を発展させるよう促しました。そして政府がその確約を実行できるだけの能力があるとき退位しています。」と専門家らは言いました。
ワーキンググループの調査結果と鍵となる勧告を含む最終報告は2019年6月の国連人権理事会で報告される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です