グローバルグリーン成長研究所が財政的なギャップをなくすための援助へ

GGGIの加盟国であるタイはパリ協定に基づいて2030年までに、平常の温室効果ガス(GHG)の削減目標を20~20%に設定しました。しかし、国はグリーン成長と低炭素投資のために資源を確保するという大胆な挑戦に直面しています。
気候変動への対応における発展途上国の援助を目的とした気候変動枠組条約(UNFCCC)の枠組みの中で設立された緑の気候基金(Green Climate Fund:GCF)はグリーン成長の発展における重要な潜在源であると見られています。
基金との繋がりで、タイは国のプログラム、異議のない手順の基準とその他の必要な要素を成功裏に発展させてきました。これらの適所の必要性で、国はGCFの援助を受ける機会を得るのに良いポジションにいます。それにもかかわらず、国がGCFの資源に効率的に利用するのを阻むいくつかの重要な挑戦があります。これらは潜在的なGCFのプロジェクトを評価する制限された政府の技術的な力、パイプライン開発プロジェクトのための未確認のプライオリティー部門、そして民間部門の関わりの必要性です。
タイ政府とGGGIの強いパートナーシップで、タイのGCFへの接近を進めるプロジェクトは、GCFの資金援助によって着手されています。究極的には、プロジェクトの目標は、GCFの資金にタイが効率よくアクセスできることでグリーン成長の発展のための財政的なギャップに打ち勝つことです。プロジェクトはプロジェクト評価手順を強化します;産業部門のための投資計画を発展させ、投資計画の手順において民間部門を引き込みます。
「財政的なギャップはタイにおいてグリーン成長と低炭素展開を進める上で常に大きな挑戦となってきました。これら挑戦に挑むにあたってGGGIと密に繋がれることを嬉しく思っています。このプロジェクトで、この国の特にGHGの削減に最も貢献できるであろう産業部門はGCFの資源にアクセスする準備をし、GHGの削減目標を成し遂げるでしょう。」とタイ王国天然資源環境省環境政策計画局気候変動管理調整課のPhirun Saiyasitpanich課長は言いました。
「このパートナーシップはGGGIが政府に信頼されたパートナーであることを証明しています。私たちはタイのグリーン成長の財政的なギャップを埋めるのと低炭素の発展のためにタイと協働できることを嬉しく思っています。またGGGIとGCFが発展途上国とともにGHGを削減するために動くという重要な時期を画しています。」とGGGIのタイ代表であるKhan Ram-Indra氏は言いました。

グローバルグリーン成長研究所(GGGI)について
ソウルに本拠地を置くGGGIは環境的に持続可能で社会的に包括した経済成長のモデルとなる発展途上国の政府を支援する政府間機関です。GGGIは26のパートナーとプログラムを運用していて、技術支援、能力形成、政策の計画と実行、そして信頼できるグリーン投資計画のパイプラインづくりの手助けをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です