タイの移住ガイド

タイはハガキになるような場所がある世界でも数少ない国の1つです。青い海と白い砂浜、そしてユニークな形をした岩が海に見えます。
地理的には、3,000マイルの美しい海岸線があります。これには島々は含まれていません。しかし、それだけではありません。タイには自然いっぱいのジャングルやフレンドリーな地元の人々、そして手頃な食べ物もあります。この安いフライトと西洋の富によって、25年前にはバックパッカーの行きたい国となっています。
それ以来、経済成長が世界中の移住者を惹きつけています。テクノロジー、財政、観光業などです。多くの移住者がバックパッカーとしてタイに恋をし、再び戻ってきてバーやレストランを開いたり、バンコクでサラリーマン生活を送り、少ない費用で良い暮らしをするだけの十分な給与を得ています。

経済的機会
タイの経済が注目され始めたのは2000年頃です。それは失業率を3倍にした1997年のアジア財政危機から回復してきた頃でした。政治的に不安定であったにもかかわらず、タイの経済は2010年以来成長を続けています。GDPは2014年に0.7だったところから、2017年には4.5にまで上がりました。
新たに工業化された国なので、専門家の不足が目立ちます。特にテクノロジー部門の専門家が現代化と成長のために必要とされています。需要を利用したい(パラダイスに住むということも含め)多くの企業やプロに利益があるのです。
タイで外国人が仕事を見つけるのは、常に簡単なわけではありません。労働許可証、ビザ、業務上の規制など多くの官僚制と移住者に対する規制があります。求人広告で「タイの国民」を目にする機会は多いのです。
これらの規制があるにもかかわらず、移住者の需要が高い地域は数多くあります。テクノロジーやエンジニアの役割はしばしば求人があります。これらの仕事は、タイ国民が持ち合わせていないような長い年数の経験と中~ハイレベルな技術が求められています。
タイの莫大な観光業にも就業のチャンスがあります。特に英語を話す移住者が求められています。タイの企業は移住者のホテルマネージャー、シェフ、ダイビングインストラクターを探しています。教師、コンサルタント、NGO、金融マネージャーなどの専門家も求められています。

移住者の構成
タイで最も大きなコミュニティーはアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人で、44%を占めます。その他の移住者のコミュニティーはロシア人やヨーロッパ人で、日本人、マレーシア人、韓国人などアジアからの移住者も増えています。

文化
タイは別名「1,000の微笑みの国」と言われています。これが一般化し、多くの移住者がタイ人が温かく、フレンドリーで、礼儀正しく、寛大で思いやりがあり平和主義だということを知っています。
国の自然の美しさ、ヘルシーな食べ物と歴史的なモニュメントで、多くの移住者がタイを愛するということに驚くことはないでしょう。北部の仏教がこれらの性分をもたらしたとされていますが、これは南部のイスラム教が支配している地域にも広まっています。
歴史的なものや宗教的スポット、シアターや映画館などタイの文化に触れることは大都市(バンコク、チェンマイ、パタヤとウドーンターニー)では簡単です。しかし、多くの移住者はリラックスしたアウトドアスタイルの地域を好み、島は文化的興味とリラックスのバランスが取れた場所だということを発見するのです。
観光地であるサムイ島、プーケット、ピピ島などは西洋人が多く、パーティーを好む派手な人々が多いということを覚えておくと良いでしょう。

気候
タイには2つの性質が異なる地域があります。国の脚部である南部は両サイドを海で囲まれており、北部は島のエリアになっています。前者はモンスーン気候で涼しく、後者は熱帯気候で湿度が高いです。平均気温は25~30℃(最高気温は40℃近く、最低気温が15℃以下になることは滅多にありません。)暑いですが、移住者にとっては魅力的な気候でookuのヨーロッパ人はエアコンを必要とします。
タイの熱い太陽のもとで外出するときは、常に気をつけたほうがいいです。また北部ではマラリアの危険もあります。2010年にマラリアの報告は半分になりましたが、それでもやはり行く前にワクチンを接種しておいたほうが良いでしょう。

生活費
バックパッカーに人気となった理由の一つとして、生活費が挙げられます。食べ物やシェルターはとても手頃です。生活費は、観光の需要や限られた土地の価値が上がっているため、南部で高くなってきています。
それでも、西洋の国々と比べると、安いです。安くないものはというと、車です。中古車であっても高くなっています。なぜなら、タイで新車を持つ余裕のある人は少なく、中古車にも価値があるのです。具体的には、10年落ちの車でもイギリスの価格の2倍はします。

ヘルスケア
バンコクには素晴らしい国際病院がありますが、主要都市以外の病院やクリニック全てが西洋の基準に達しているわけではありません。多くの病院では、支払いができるという証明を必要としています。料金は高く、支払えない場合は治療が遅れることもあります。このようなトラブルに合わないために、移住者用健康保険へ加入することは良い選択です。

私立やインターナショナル教育のオプション
タイの多くの公立学校は資金不足で、学生対先生の比率が悪くなっています。これを理由に、移住者は英語や彼らの母国語(ドイツ語、フランス語、中国語)で授業を行うインターナショナルスクールを選びます。
全てのインターナショナルスクールではタイ語とタイの文化を教えなければなりません。目的は、移住者の子供達にタイについて知ってもらうことと、定住です。タイの多くのインターナショナルスクールはバンコクにありますが、需要の高まりを受け、他の大都市でも続々とオープンしています。

問題
新たな受け入れ国ではしばしばファウストの契約があります。高収入と酷い天気、生活費の安さとインフラの問題、良い気候と政治の不安定さなどです。しかし、タイはこれらの問題が少なく、パラダイスに近いです。
タイの良くない側面を挙げるとするなら、限られていますが、個人の悲痛な話は多くの不満をカバーすることができます。医療費はとても高くなる可能性があり、移住者が財産を持つことやビジネスをするのは難しいです。泥棒が問題になったり、政治的な不安定さが経済の不安定さを引き起こしたり、市民の不安を煽る可能性もあります。バンコク以外では、母国のものを手に入れるのは難しいでしょう。

まとめ
タイは世界中の人々に新たな居場所を提供しています。そこは太陽のもと、自然の美しさとフレンドリーな人々に囲まれた場所です。タイに移住する上で仕事を見つけることは挑戦になりますが、一度定住してしまえば西洋のわずかな価格でアウトドアな生活を楽しむことができます。