タイで仕事の応募の仕方:どのような手続きがあるのでしょう

タイで仕事を見つけることは、他の国と比べて簡単な場合もあれば、難しい場合もあります。それは雇用主のニーズと求職者のスキルによるのです。特にコンピューターやIT分野でより特殊なスキルを持っていれば、あなたの需要は高まります。場所も重要なファクターです。プーケットのような観光地では、外国人は労働市場での競争率が高まります。仕事を見つける上でベストな場所はバンコクです。
合法的に就労するには、仕事内容を記載した労働許可証を得なければなりません。企業からの後援を得るのは簡単ではありませんが、外国人を対象とした求人はたくさんあります。教職は第一選択となるでしょう。教職で労働許可証を得るためには、TEFLや学位が必要になります。
また、銀行と財政、コンピューターとIT、営業、エンターテイメント、観光業、ライティング、管理者など、特別なスキルが必要となる分野での就職のチャンスもあります。
注意:タイでは、外国人事業法に基づいて、外国人の就労を禁止している業種や職種があります。もしそれらの仕事に就いた場合は、刑事告発され最長5年懲役または100,000バーツの罰金、またはその両方が科せられます。
・詳細はタイ商務省のサイト(http://www.dbd.go.th/main.php?filename=index)をご覧ください。
求人サイトには、外国人向けの求人広告も多く存在します。しかし、中には「タイ人限定」のものもあり、それには外国人は応募できません。ネットワークを使って、様々な人に連絡を取るというのも、仕事に繋がるかもしれません。外国人の雇用主の多くは英語を話すことができ、多くの求人広告が英語で書かれています。

タイでの就職活動のためのwebサイト
・キャリアリンク タイランド
・WakuWaku for Japanese
・JobsDB.com(英語)
・Pro-Search(英語)
・Careerjet(英語)

英語教師専用のWebサイト
・Dave’s ESL Café(英語)
・Ajarn(英語)
・TEFL International(英語)
・Total ESL(英語)